①タランタ(ライブ忘備録 y 創作ノート)

今回もけっこうガッツリ作りまして、頭がショートするくらい(マジ熱もってた笑笑)、多くのことを学びました。
この場を借りて少し自分への忘備録&創作ノート的に書き留めておこうかなと思いたちました。

興味ある方、もしくは、おヒマな時に覗いてください!



ーー



先日のライブで踊ったタラント、2つ目のレトラはタランタにしてみました。

何か今まで踊ってきたタラントから、もうひとつ深みにいきたいと思い、
それには歌の世界に新たに入っていくことかもと、麻理ちゃんに相談しました。
ま、、2人で話してるウチに、たまたまタランタになったのですけどね(笑)

タランタはカンテリブレで歌われる唄ですが、踊りやすいよう大儀見さんのパーカッションでリズムを付けてもらい、麻理ちゃんに歌ってもらいました。

麻理ちゃんが歌った「Taranta de la Gabriela」スゴく素敵なレトラで大好きだったので載せておきます。

わたしが1番大好きな歌い手、
ニーニャ・デ・ロス・ペイネスと、カマロン・デ・ラ・イスラ
フラメンコの伝説の歌い手達です。


ココからは⬇️レトラの意味、背景を詳細に伝えてくださっている神田せろ様のblogから拝借しました。
こうして書いてくださったおかげで色んなことが学べて本当に有難いです✨
踊る時も歌の背景を知ってると拡がりが全然違います。
麻理ちゃんや他の歌い手さん達から生で学んでいくことは何よりも大切ですが、こうして文献として知れることも、スゴい喜びですよね✨



① Corre ve y dile a mi Gabriela急いで私のガブリエラに伝えておくれ。
② que yo me voy pa(para) la Herreri-as私はエレリアの町に行くから、
③ no llores ni tengas pena(もう)泣かないで、悲しみ悩まないでおくれ。
④ que vuelvo man~ana de di-a明日の朝には戻るから。
⑤ que me voy a fabricar canela
私はカネーラ(シナモン、あるいは最高のもの、絶品の比喩)を作るから。
 






Studio Larachi

フラメンコダンサー谷朝子のホームページ 谷朝子フラメンコ教室Studio Larachi(津田沼・九段下・恵比寿・生徒随時募集)

0コメント

  • 1000 / 1000